寒天? 食物繊維?

寒天とは・・・




 海藻である天草テングサなどの煮汁を凍結・乾燥した食品です。

ちなみに17世紀の中頃、京都伏見にある旅館の『美濃屋太左衛門』が、心太トコロテンを寒い屋外に放置してしまったところ、凍って乾物になった。そんな偶然から発見されたものとか。



心太の歴史は古く、天草を煮溶かす製法は遣唐使が持ち帰ったとされています。つまり奈良時代から親しまれてるんですね。そして平安時代には、既に料理として食べられていて、江戸時代に偶然から寒天が発見されたといわれています。そして寒天を試しに煮てみると、心太独特の臭みが無い透明の固まりができたんですね。



寒天食物繊維ファイバーを多く含み、今ではダイエット食品としても利用されるようになりました。




食物繊維とは・・・



 『ヒトの消化酵素で消化されない食品中の難消化性成分の総体』と定義されています。



以前はカラダの構成成分にもエネルギー源にもならないため、役に立たない食べ物のカスと考えられていました。しかし現在では、大腸癌をはじめ生活習慣病の予防に役に立つ栄養素として 蛋白質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルとならんで「第6の栄養素」として注目されています。



従来の日本人の食生活では、食物繊維の不足は考えられませんでした。ところが!現代人は、食事が欧米化したことにより、昔より20%も食物繊維の摂取量が減っているそうです。つまり動物性脂肪の摂取が増え、食物繊維の摂取が減っているんですね。その結果、日本でも大腸ガンという病気が最近非常に増えてきています。



食物繊維は、腸のお掃除屋さん♪食物繊維自体には栄養価はありませんが、健康を保つ上で非常に大切です。便秘の予防や体内の老廃物の排泄(流行のデトックスですね☆)に役だっています。また腸内環境をよくすることなどで大腸がんの予防にも役立つのです。



日々の食事の中でバランスよく取り入れていきたいですね☆

posted by 寒天でダイエットをする人 | 寒天とは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。